魅力やメリットデメリット

- 魅力やメリットデメリット

魅力やメリットデメリット

様々な副業のうち在宅ライターの人気が高まっています。
在宅ライターは文字数やキーワードなどクライアントの指定通りに記事を書く仕事です。
そのジャンルは美容や健康、ゲーム、生活、金融、悩みなど様々です。
自分が得意なジャンルを選ぶと書きやすいです。
一度書いたジャンルは知識が入るためにさらに書きやすくなります。
特に美容や健康と言ったジャンルはクライアントからの依頼が多いのでおすすめです。
カードローンやキャッシング、美容整形、ダイエット、育毛剤と言ったジャンルも比較的書きやすいのでチャレンジしてみて下さい。


好きなジャンルだけでは中々稼げない

在宅副業ワーカーは得意なジャンル、好きなジャンルだけでは中々稼げないです。
しかし不得意なジャンルやあまり好みじゃないジャンルの仕事は楽しいものでは無いです。
楽しくない仕事を続けるには目的を持つ事が大切です。
そのため何のために仕事をしてお金を稼ぐのか目的を持っている人に向いています。
逆に在宅だから楽だろうと目的も無く始めてしまう人は向かないです。
会社に勤務している時は上司や先輩が仕事を教えてくれますが、在宅では自分で全て覚えないといけないです。
分からない事があっても自分から勉強して覚えると言う人には向いていますが、そういった姿勢の無い人は向かないです。
副業についてはこちらも(http://matome.naver.jp/odai/2146710847148363601)ご覧くださいませ。

趣味や余暇を楽しむ

在宅では1日24時間いつでも空いた時間に仕事が出来るのが魅力です。
例えば早朝6時から8時まで仕事して、昼間は本業で稼ぐと言った事が出来るのです。
夜6時から10時まで仕事して、昼間は家事や育児に専念したり趣味や余暇を楽しむと言った事も可能です。
在宅ライターの場合、10分ほどとわずかな時間で書ける仕事もあります。
隙間時間を利用して稼ぐと言った事も出来るのです。
その代わりに短時間で出来る仕事は単価が低いため、数をこなす事が必要です。

家事や育児と仕事を両立させやすい

在宅のメリットは家事や育児と仕事を両立させやすいところです。
会社に勤務していても育児や介護休業法がありますが、自由に休暇を取ると言った事は中々難しいのが現状です。
しかし在宅なら自由に休む事が可能です。
その他にも自分がやった分だけ稼ぎになると言うのも大きなメリットです。
さらに会社のように転勤してくれと言われる事も無いです。
インターネットとパソコンがあれば場所を選ばずに仕事が出来ます。
在宅のデメリットは収入が安定しない事です。
在宅ライターの場合、数百円から数千円までバラバラです。
いつも高単価の仕事が出るわけでは無く、その時は低単価の仕事をこなさないと稼ぎにならない事があります。
在宅では納期までにきちんと間に合わせる事が重要です。
もし病気や怪我などで仕事が出来なくなっても、在宅では他の人がカバーしてくれる事が無いです。

関連記事:

    None Found